神奈川の看護師求人に詳しいけど質問ある?

看護師だった母と看護師になった妹

母親は夜勤やっていたの?

いえ。
母は私が小さかった頃は夜勤などの仕事はせず、日勤のみで仕事をしていました。

母親が看護師って頼もしいね

そうですね。
よく親戚から「体が痛いんだけどどこが悪いと思う?」とか「こういう症状はどこが悪いのか」といった相談を受けていました。
母は看護師でしたが医師ではないので、とにかく話を聞くだけ聞いて看護師仲間で腕が良いと評判のお医者さんを紹介する、といういわゆるカウンセラーのような状態でしたが。
また、私が入院した時には母が勤務している病院へ入院させてもらい、勤務の間の休憩時間や仕事前や仕事上がりなどちょこちょこお見舞いに来てくれたので移動の手間が省けて助かりました。
その代わり私の症状に対して仕事中でも母へ呼び出しがあったりして母の勤務先である職場の方にはご迷惑をおかけしたと思います。

看護師って休みが無いイメージだけど?

そうですね。休みは少なかったような気がします。
週末や休日には、看護師の研修会や勉強会、学会の発表会に出かけては勉強していましたし
あと院内の勉強会を主催したりもしていたようで、家で書類を作ったりもしてました
ただ「看護師を辞めたい」って言っているのを何度か聞いたことがあります。
結構思いつめたような感じはしたのですが、結局定年まで看護師を辞めていません。

家事手伝っていた?

けっこう手伝っていました

自分も看護師になりたいって思うの?

自分は男なんで思ったことは無いですね(笑)
ただ妹は母を見て自分も同じように頑張ってみたいと看護師になっています。
手術室勤務らしく、母よりもさらに厳しい状況で頑張っているようです。

親子で看護師ってすごいね

母は、看護師になった妹を見て常に心配しています。
看護師の厳しさは、看護師が一番よく知っているんでしょうか。
どんな仕事でもいいけど、看護師だけにはなってほしくなかった、なんてことも言っています
けど妹と看護話をしている母は結構嬉しそうでもあります(笑)

まだ看護師として働いているの?

いえ。
もう定年退職しています。
ただ神奈川県のボランティアグループに所属して、今でも看護師として活躍しています。

60歳超えても看護師なら求人あるんじゃない?

そうですね。求人はあるみたいです。
知り合いの病院から働いてほしいって頼まれているみたいですし。
ただ本人は看護師の求人に興味がないみたいで、のんびり生活したいようです。

母親が神奈川で助産師やってたけど質問ある?

神奈川のどこ?

厚木周辺です。
特定の病院というよりは、生まれそうな人がいたらそこの病院に駆けつけるような感じだったと思います。

助産師って資格いるの?

はい。必要です。
母は看護師で、かつ助産師の資格も持っていました。

子育てしながら働いてたの?

そうです。
わたしを産むときには一度退職したようですが、わたしが小学校に上がったときに復帰しました。
仕事と家事の両立が大変そうなのは子供心にわかりました。
今もそうですが、当時も助産師はかなり人手不足で、夜中にもよく電話が鳴り、母親が駆けつけることがよくありました。
お産だけはどうしても真夜中にやってくるときもあるので、呼ばれて夜中に出て行くのを寝ぼけながら大変だなーと思っていたように記憶しています。
ただ日々の勤務時間については、けっこう融通をきかせてもらっていたようです。

母子家庭だったの?

いえ。しっかり父親がいて働いてました。
父の収入でも家庭としては十分だったようです。
でも母親は、過去に2回立て続けに流産を経験しており、多少なりとも無念の思いがあったため助産師として働いていました。

母親が助産師だとどうなの?

自分の母に対する感情ってことでしょうか?
母が助産師であるからといって、特別な思いをしたことはありません。
ドラマであるような怪我人を救ったなんてエピソードがないですし(笑)
それでもかなり仕事に誇りをもって取り組んでいる母の姿が好きで、幼い頃は自分も看護師になりたいと考えていました。
しかし現場を知っている母からは、看護師になるのを反対されました。
「あんたは普通の生活をしんさい」と。

母親から学んだことは?

ある程度病気や死に対して無神経でないとなかなかつらいものがある、それにどうせ目指すなら医師のほうが自分で判断できるポイントが多いと思うよという話は聞かされました。
結局文系に進んでしまったので今となっては昔話レベルですが、当時はとても興味深い話でした。

母親が母子家庭で看護師やってたけど質問ある?

お母さんは何科で働いてたの?

内科で看護師をやっていました。
近所の小さなクリニックです。
自分ら子供の面倒を見ないといけない為、小さい内科で日勤のみの仕事をしていました。
でも私たちが高校進学など色々と金銭的にかかってくる頃から大きい病院に転職しました。

大きな病院だと夜勤があるんじゃない?

はい。ありました。
そのため私達子供と時間が逆転してしまい、なかなか会う時間が無くなっていきました。
思春期だった私は自由な空間を手に入れれた嬉しさがある反面、寂しい気持ちもあり複雑な感じでした。

週何回くらい夜勤だったの?

3、4回くらいあったような気がします。
日勤よりも夜勤のほうが多い感じです。
また平日や土日、祝日関係なく出勤するため、学校の行事に参加してくれることもほとんど無くなりました。

ただ私が頑張っていた部活動最後の試合のとき、夜勤明けなのに寝ないで応援に来てくれました。
たぶん初めて見に来てくれた、最後の試合・・・。
逆転負けしてしまいましたが、タオルを振り回して応援してくれた母の姿が忘れられません。

母子家庭?

そうです。
父親は私が3歳のときにすい臓ガンで死にました。

家の経済状況はどんな感じだった?

裕福ではないですが、貧乏でもありませんでした。
あ、いや貧乏だったかも。
中の下くらいの生活レベルだったと思います。
母子家庭って経済的に困窮する場合が多いと思いますが、母親が看護師だったためか、そこまで不自由することはありませんでした。
誕生日やクリスマスプレゼントもシッカリもらえてましたし(笑)

母親は看護師の給料でどのくらい貰ってたの?

わからないです(笑)
ただ母の姉が言うには月収30万のボーナス100万だって言ってました。
本当かどうかはわからないですが・・・。

↑ PAGE TOP